口に蜜あり腹に剣あり(読み)クチニミツアリハラニケンアリ

  • 口(くち)に蜜(みつ)あり腹(はら)に剣(けん)あり

故事成語を知る辞典の解説

口ではやさしいことを言いながら、心の中は陰険であることのたとえ。

[使用例] 口にあるを蔵する。一人分八百円ずつ、取るものは取ったが、しかし、果して新聞の広告文通り約束を実行したかどうか[織田作之助勧善懲悪|1942]

[由来] 「資治通鑑―唐紀」に載せる話から。八世紀、唐王朝の時代の中国でのこと。時の宰相、りんは、教養のある者たちをねたみ、表では仲よくしていましたが、あまいことを言っては、裏で彼らを罪に落としていました。そこで、の人々は李林甫のことを「口に蜜有り、腹に剣有り(ことばは甘いが、内心では人を傷つけようと考えている)」と言っていたということです。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android