人面獣心(読み)ジンメンジュウシン

デジタル大辞泉の解説

じんめん‐じゅうしん〔‐ジウシン〕【人面獣心】

《「史記」匈奴伝から》顔は人間であるが、心はけだものに等しいこと。恩義や人情を知らない者、冷酷非情な者のたとえ。ひとでなし。にんめんじゅうしん。

にんめん‐じゅうしん〔‐ジウシン〕【人面獣心】

じんめんじゅうしん(人面獣心)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんめんじゅうしん【人面獣心】

〔「史記匈奴伝賛」より。顔は人だが、心は獣のようである、の意から〕
人間らしい心をもたない人。人でなし。にんめんじゅうしん。

にんめんじゅうしん【人面獣心】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じんめん‐じゅうしん ‥ジウシン【人面獣心】

〘名〙 (顔は人間であるが、心はけものに等しいの意から) 恩義を知らない人、冷酷非情な人や義理人情をわきまえない人などをののしっていう語。人でなし。にんめんじゅうしん。
※歌舞伎・吾嬬下五十三駅(天日坊)(1854)五幕「おのれ、云はしておけば法外千万、お主様を女房にするとは人面獣心(ジンメンジウシン)、かやうな奴は生けておかれぬ、この人畜生めが」 〔漢書‐匈奴伝賛〕

にんめん‐じゅうしん ‥ジウシン【人面獣心】

〘名〙 (顔は人間であるが、心はけものに等しいの意から) 恩義を知らない人、冷酷非情な人や義理人情をわきまえない人などをののしっていう語。人でなし。じんめんじゅうしん。
※太平記(14C後)一四「人面獣(ジュウ)心の積悪」
※浄瑠璃・菅原伝授手習鑑(1746)三「恩を知らねば人面獣心(ニンメンジウシン)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android