多価不飽和脂肪酸

デジタル大辞泉の解説

たか‐ふほうわしぼうさん〔‐フハウワシバウサン〕【多価不飽和脂肪酸】

不飽和脂肪酸のうち、炭化水素基の中に不飽和結合という二重結合を二つ以上もつ脂肪酸。体内で合成できない必須脂肪酸に含まれる。二重結合の位置により、オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸に分類され、前者には植物油リノレン酸青魚が含むエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)があり、後者にはリノール酸アラキドン酸などが知られる。高度不飽和脂肪酸。ポリ不飽和脂肪酸多不飽和脂肪酸ポリエン脂肪酸

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android