多入鹿(読み)おおの いるか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多入鹿 おおの-いるか

759-816 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天平宝字(てんぴょうほうじ)3年生まれ。平城(へいぜい)天皇に近侍し大同(だいどう)4年山陽道観察使兼左京大夫となる。5年観察使廃止により参議にすすむが,同年薬子(くすこ)の変に連座して解任され,讃岐守(さぬきのかみ),ついで安芸(あきの)守,讃岐権(ごんの)守となった。弘仁(こうにん)7年10月3日死去。58歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android