コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田宗太郎 ただ そうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田宗太郎 ただ-そうたろう

1825*-1892 幕末-明治時代の農民。
文政7年11月28日生まれ。阿波(あわ)(徳島県)勝浦郡の豪農。弁天山に私費砲台を建設して藩に献上し郷士格にとりたてられ,明治2年まで砲台の監守をつとめた。明治25年2月5日死去。69歳。幼名は常太郎。通称は助右衛門。号は石翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

多田宗太郎

没年:明治25.2.5(1892)
生年:文政7.11.28(1825.1.16)
幕末の篤農家。阿波国勝浦郡小松島金磯村(徳島県小松島市)の人。幼名常太郎,世襲名助右衛門,号は石翁,石竜。先代の築いた堤防を拡張し,金磯新田造成の基礎をつくる。文久2(1862)年同地に砲台を築き藩に献上,郷士格に取り立てられる。画をよくし,勤王の志に篤かった。<参考文献>『阿波国最近文明史料』

(石躍胤央)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

多田宗太郎の関連キーワード明治時代農民

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android