コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田美波 ただみなみ

3件 の用語解説(多田美波の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

多田美波【ただみなみ】

彫刻家。東京生れ。女子美術専門学校卒。1958年二科展入選。1971年現代日本彫刻展,1976年現代彫刻展,1979年第1回ヘンリームーア大賞展で,それぞれ大賞。(1924-)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田美波 ただ-みなみ

1924-2014 昭和後期-平成時代の彫刻家。
大正13年7月11日生まれ。昭和33年二科展に初入選。37年多田美波研究所を設立。40年日本国際美術展で優秀賞,47年日本芸術大賞,54年ヘンリー・ムーア大賞,55年毎日芸術賞,58年芸術選奨と受賞多数。現代的な空間芸術を展開する。照明器具デザイナーとしても知られた。平成26年3月20日死去。89歳。東京出身。女子美術専門学校(現・女子美大)卒。作品に「超空間」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多田美波
ただみなみ
(1924―2014)

彫刻家、照明器具デザイナー。東京生まれ。1944年(昭和19)女子美術専門学校(現女子美術大学)油絵科卒業。1957年(昭和32)から1961年まで二科展に出品、1958年には同展で特選を受賞している。金属、プラスチックなどを使った空間造形を試み、1961年丸善石油芸術奨励賞展で佳作賞、1963年国立近代美術館の「彫刻の新世代」展に出品、野外展を含む主要な美術展で受賞を重ね、1972年日本芸術大賞、1983年芸術選奨文部大臣賞を受賞。1962年多田美波研究所を設立して照明器具のデザインや照明プランの仕事を開始、皇居新宮殿や帝国ホテルなど照明器具のデザインを手がけた。1988年紫綬褒章(しじゅほうしょう)、1994年(平成6)勲四等宝冠章を受けた。[三木多聞]
『『多田美波』(1990・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多田美波の関連キーワード三重野康大橋吉之輔小山やす子重田保夫千田夏光辻隆東中光雄松本作衛山寺秀雄河野道代

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多田美波の関連情報