コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

保定 ホテイ

デジタル大辞泉の解説

ほてい【保定】[地名]

中国、河北省中部の商業都市交通路要衝で、農産物集散地。清代には直隷総督の治所だった。パオティン

ほ‐てい【保定】

[名](スル)
動物を治療する際に、動かないようにおさえておくこと。
歯列矯正で、矯正装置を用いて歯の位置を移動させたあと、元に戻らないよう固定すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほてい【保定 Bǎo dìng】

中国,華北地区の河北省中部の省直轄市。人口175万(うち市部66万。1994)。京広鉄道(北京~広州)に沿う。南北朝時代に清苑県がおかれ,遼,金が北京を都としてからは北京南方の軍事・交通上の要地として重視され,元代に保定路がおかれ,明代保定府の府治とされた。清代には直隷省の省治となったこともあり,中華民国時代にも河北省政府がおかれ,解放後も一時河北省人民政府の所在地であった。1948年の河北省解放後市制がしかれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほてい【保定】

中国、河北省中部の都市。交通の要衝にあり、小麦・綿花などの集散が盛ん。製粉・農具製造などの工業が発達。パオティン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

保定
ほてい / パオティン

中国、河北(かほく)省中部の地級市。満城(まんじょう)、清苑(せいえん)など5市轄区と15県を管轄し、定州(ていしゅう)市など4県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口1196万6000(2014)。太行(たいこう)山脈の東麓、河北平野を南北に走る交通路の要衝である。漢代に樊輿(はんよ)県が置かれ、以後廃置を繰り返して隋(ずい)代に清苑県となった。五代に泰州(たいしゅう)、宋(そう)代には保州が置かれ河北の中心都市として発達した。中華民国時代には河北省の省都であった。1948年、清苑県の市街地を分離して保定市が置かれた。
 河北に動乱があるときは必争の地となり、また北方異民族の侵入に対する要地でもあった。北京(ぺキン)に国都が置かれてからは、太行山脈を越えて山西に至る居庸(きょよう)、紫荊(しけい)、倒馬(とうば)の三大関門を等しく統括する位置にあり、京畿(けいき)防御の重要地点であった。また京広線、京広高速鉄道が縦貫し、天津(てんしん)と津保線(2015年開通)で結ばれ、河北省中部の物資集積地である。軽工業を中心に、化学繊維、紡績、機械などの工業も発達している。
 市の中心にある古蓮花(これんげ)池は元代に南方の園林を模してつくられたもので、北方の都市のなかにあって江南的風景を呈している。とくに清(しん)代には歴代の皇帝がしばしば北京から遊覧に訪れた。[秋山元秀・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

保定の関連キーワードミルキングパーラー梅津‐何応欽協定チックテスター保定軍官学校柴田[町]谷 寿夫成田求馬上原多市郭 晶晶西夏文字蔡廷かい多賀宗之菊池海荘松亭金水市川泰朴保定会戦安倍保命習芸所白崇禧張治中

保定の関連情報