コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多面角 ためんかくpolyhedral angle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多面角
ためんかく
polyhedral angle

立体角ともいう。2直角より小さい3個以上の角が頂点を共有し,1つの角のが他の1つの角の辺と一致しながら順次に連なって,空間を2つの部分に分けているとき,そこにできる立体図形を多面角という。いくつかの角の共通の頂点を多面角の頂点,その辺を多面角の辺,隣合った辺のなす角を多面角の面角,面角によって定まる平面の部分を多面角の面,隣合った2つの面のつくる角を辺角という。面の数が n のとき,この多面角を n 面角という。重ね合せることのできる多面角は互いに合同であるという。面角が,どの面に関しても,その面を含む平面の一方側にあるとき,この多面角を凸多面角という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ためん‐かく【多面角】

同一平面上にないいくつかの角が頂点を共有してできる、とがった形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ためんかく【多面角】

同一平面上にないいくつかの角が頂点を共有し、隣の角と辺を共有してできている立体図形。 → 立体角

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多面角
ためんかく

平面α上に多角形Pがあるとき、α上にない点OからPの辺上の任意の点を通る半直線を引く。これらの半直線全体のつくる図形をOを頂点とする多面角といい、Pの辺ABに対してできる角AOBを面角という。多角形Pの辺の数がnのとき、そこにできる多面角をn面角という。
 三面角では、頂点の周りに三つの面角ができるが、そのうちの二つの面角の和は残りの面角よりも大きい。また、多角形Pが凸多角形のとき、そこにできる多面角を凸多面角という。凸多面角では、頂点の周りの面角の総和が四直角よりも小さい。[栗田 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の多面角の言及

【面角】より

…これらの部分のおのおのをS上の点も含めてn面角といい,Oをその頂点,半直線OA1,OA2,……,OAnをその辺,角A1OA2,A2OA3,……,An-1OAn,AnOA1をその面という(図2)。n面角(n≧3)を総称して多面角という。多面角は立体角の一種である。…

※「多面角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多面角の関連キーワード立体角

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android