夜を昼になす(読み)よるをひるになす

精選版 日本国語大辞典「夜を昼になす」の解説

よる【夜】 を 昼(ひる)になす

(夜の時間でも昼の時間と同じようにするの) 昼も夜も休まずに物事を行なう。昼夜兼行で行なう。夜(よ)を日に継ぐ。夜(よ)を昼になす。
※竹取(9C末‐10C初)「中納言喜びひて、万の人にも知らせ給はで、みそかに寮にいまして、男共の中に交じりて、よるをひるになして取らしめ給ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「夜を昼になす」の解説

夜(よる)を昼(ひる)にな・す

昼夜の別なく行う。昼夜兼行で行う。
「ことなくて―・してなむ、急ぎまかで来(こ)し」〈宇津保・吹上上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android