コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不寝の番 ネズノバン

2件 の用語解説(不寝の番の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねず‐の‐ばん【寝の番】

一晩じゅう眠らないで番をすること。また、その人。不寝番(ふしんばん)。ねずばん。
江戸時代、遊女屋で、灯火の油などをさしたりしながら、一晩じゅう起きていて火の用心をする者。ねずばん。
「廊下には―、多くの行灯(あんどう)を並べ掃除してゐる」〈洒・錦之裏

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねずのばん【不寝の番】

一晩中寝ないで番をすること。また、その人。ねずばん。ふしんばん。
遊里で、夜、楼内を拍子木を打って回り、灯火の世話をする人。ねずばん。 「 -に金をやり/洒落本・娼妓絹籭」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone