不寝の番(読み)ねずのばん

精選版 日本国語大辞典「不寝の番」の解説

ねず【不寝】 の 番(ばん)

① 一晩中寝ないでいてをすること。また、その人。ねずの役。ふしんばん。ねずばん。
※親長卿記‐文明六年(1474)八月二日「晴、参内、番也、依御用心有不寝番
※咄本・軽口片頬笑(1770)二「其夜はねずの番をして」
② 遊郭で、一晩中寝ないで楼中を見回る者。客の寝間の行灯(あんどん)の油をさしたり、火の世話をしたりする。ねずばん。
※雑俳・柳多留‐初(1765)「五六寸かきたてて行くねずの番」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「不寝の番」の解説

ねず‐の‐ばん【寝の番】

一晩じゅう眠らないで番をすること。また、その人。不寝ふしんばん。ねずばん。
江戸時代、遊女屋で、灯火の油などをさしたりしながら、一晩じゅう起きていて火の用心をする者。ねずばん。
「廊下には―、多くの行灯あんどうを並べ掃除してゐる」〈洒・錦之裏
[類語]夜番夜回り夜警不寝番

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android