コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異素六帖(読み)イソロクジョウ

世界大百科事典 第2版の解説

いそろくじょう【異素六帖】

洒落本。2冊。中氏嬉斎(なかうじきさい)(沢田東江(とうこう))作。1757年(宝暦7)江戸で刊行。書名は漢籍《義楚六帖》をもじる。上巻では仏者,歌学者,儒者が会合して,色道,遊興について論を戦わせ,下巻では吉原の遊里に関する種々の題を出して,《唐詩選》《百人一首》からその趣にあてはまる文句を抜き出し,略画,戯注を加える。上巻では3者それぞれにふさわしい論述主張が,かなり自由な写実的会話文体で描かれ,下巻では卑俗な遊里の細かい習俗などが,古典にこじつけられるおかしさを主とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いそろくじょう【異素六帖】

〔書名は中国の「義楚六帖」をもじったもの〕
洒落本。二巻一冊。江戸の書家、沢田東江作。1757年刊。国学者・儒者・僧侶の三人が遊里を談ずるという筋で、江戸洒落本の先駆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android