コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異素六帖 イソロクジョウ

デジタル大辞泉の解説

いそろくじょう〔イソロクデフ〕【異素六帖】

洒落本。2巻。沢田東江著。宝暦7年(1757)刊。僧侶・歌学者・儒者の三人がより集まって遊里について論じるという筋。書名は中国の仏書「義楚六帖」をもじったもの。江戸洒落本の祖といわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いそろくじょう【異素六帖】

洒落本。2冊。中氏嬉斎(なかうじきさい)(沢田東江(とうこう))作。1757年(宝暦7)江戸で刊行。書名は漢籍《義楚六帖》をもじる。上巻では仏者,歌学者,儒者が会合して,色道,遊興について論を戦わせ,下巻では吉原の遊里に関する種々の題を出して,《唐詩選》《百人一首》からその趣にあてはまる文句を抜き出し,略画,戯注を加える。上巻では3者それぞれにふさわしい論述主張が,かなり自由な写実的会話文体で描かれ,下巻では卑俗な遊里の細かい習俗などが,古典にこじつけられるおかしさを主とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いそろくじょう【異素六帖】

〔書名は中国の「義楚六帖」をもじったもの〕
洒落本。二巻一冊。江戸の書家、沢田東江作。1757年刊。国学者・儒者・僧侶の三人が遊里を談ずるという筋で、江戸洒落本の先駆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

異素六帖の関連キーワード好色文学包める国学者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android