コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜回り/夜廻り ヨマワリ

デジタル大辞泉の解説

よ‐まわり〔‐まはり〕【夜回り/夜×廻り】

夜、警備のために所定の地域や建物内を見回ること。特に、冬の夜、火災防止のために拍子木などを打ちながら町内を見回ること。また、その人。夜警。夜番 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よまわり【夜回り】

( 名 ) スル
火災や盗難などを警戒して、夜、巡回すること。また、その人。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夜回り/夜廻りの関連キーワード三遍回って煙草にしょさとうしょう金棒・鉄棒BOBBY留奥麻依子抱関撃柝西條義将ギトリー子供会木戸番川越悠夜巡り寒柝職人林清夜行小屋金棒盗難

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android