夢洲(読み)ゆめしま

知恵蔵miniの解説

夢洲

大阪湾(大阪市此花区)の人工島。総面積390ヘクタール、地盤高9メートル超。2017年3月現在、太陽発電システム(13年運用開始、発電規模10メガキロワット)や夢洲コンテナターミナルなどが設置されている。13年には阪神高速淀川左岸線が開通し、地下鉄中央線コスモスクエア駅~夢洲~舞洲のバスルートも開設された。17年2月には、大阪府・市、経済3団体が夢洲を国際観光拠点とする「夢洲まちづくり構想案」をまとめており、カジノを組み込んだ統合型リゾート(IR)誘致を計画している。同年4月11日には夢洲を会場とする予定の「2025年国際博覧会(万博)」の大阪誘致が、政府により閣議了承された。

(2017-4-13)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夢洲の関連情報