夢洲(読み)ゆめしま

知恵蔵miniの解説

大阪湾(大阪市此花区)の人工島。総面積390ヘクタール、地盤高9メートル超。2017年3月現在、太陽発電システム(13年運用開始、発電規模10メガキロワット)や夢洲コンテナターミナルなどが設置されている。13年には阪神高速淀川左岸線が開通し、地下鉄中央線コスモスクエア駅~夢洲~舞洲のバスルートも開設された。17年2月には、大阪府・市、経済3団体が夢洲を国際観光拠点とする「夢洲まちづくり構想案」をまとめており、カジノを組み込んだ統合型リゾート(IR)誘致を計画している。同年4月11日には夢洲を会場とする予定の「2025年国際博覧会(万博)」の大阪誘致が、政府により閣議了承された。

(2017-4-13)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夢洲の関連情報