コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大阪湾 おおさかわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大阪湾
おおさかわん

古称は茅渟海 (ちぬのうみ) 。瀬戸内海東端の湾。北は六甲山地,東は大阪平野,南は和泉山脈西淡路島に囲まれる。明石海峡紀淡海峡が出入口。長軸約 60km,短軸約 30kmの楕円形をなし,東部は浅く,西にいくに従って深くなる。最深部は約 60m。成因は陥没で,瀬戸内陥没地帯の一部をなす。かつては大阪平野の奥深くまで湾入していたが,武庫川淀川,大和川などによる土砂の堆積や,人工的な干拓,埋立て工事などで現状のようになった。古くから水運の便に恵まれ,沿岸に難波 (大阪) ,兵庫 (神戸) ,堺などの港が栄えた。現在も大阪,神戸の二大貿易港を擁し,沿岸には阪神工業地帯の発達をもたらした。第2次世界大戦後は臨海工業造成地の開発が進められ,神戸のポートアイランド,大阪南港埋立て地,堺泉北臨海埋立て地などが造成されたのに伴い,大浜,浜寺など海浜景勝地が失われ,海水汚濁が問題となってきた。イワシを中心とした沿岸漁業も著しく衰退している。 94年,泉佐野市の沖合い約 5kmの空港島埋立て地に関西国際空港が完成した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

大阪湾【おおさかわん】

六甲山地,和泉山脈,淡路島の断層海岸に囲まれた北東〜南西の長軸約65kmの湾。古く茅渟海(ちぬのうみ),難波潟(なにわがた)といった。明石海峡で播磨灘(はりまなだ),紀淡海峡で紀伊水道に続き,東部は20m以内の遠浅,西部での最深60m。
→関連項目大阪[府]大阪[市]大阪平野神戸[市]堺[市]瀬戸内海泉南[市]大正[区]田尻[町]忠岡[町]難波津阪南[市]岬[町]武庫川大和川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおさかわん【大阪湾】

大阪平野と淡路島によって囲まれた海湾古名を茅渟海(ちぬのうみ)といい,難波潟,摂津灘とも称した。明石海峡によって瀬戸内海の播磨と,友ヶ島水道(紀淡海峡)によって紀伊水道と連絡する。湾は北東~南西方向に約60kmの長軸,北西~南東方向に約30kmの短軸をもつ楕円形で,面積は1400km2である(図)。明石海峡と友ヶ島水道の二つの出入口があるため潮流による水の交換はよい。湾の中央部には時計回り環流がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおさかわん【大阪湾】

瀬戸内海の東端にある湾。西を淡路島で限られ、南の紀淡きたん海峡で紀伊水道、北西の明石海峡で播磨灘はりまなだに通じる。阪神工業地帯があり、神戸港・大阪港など大小の港がある。海岸線の大部分は人工海岸。古称、茅渟海ちぬのうみ。和泉灘。摂津灘。難波なにわの海。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大阪府(兵庫県)〕大阪湾(おおさかわん)


瀬戸内海の東端に位置し、兵庫県淡路(あわじ)島によって区画された湾。明石(あかし)海峡で播磨灘(はりまなだ)、友ヶ島(ともがしま)水道(紀淡(きたん)海峡)で紀伊(きい)水道に通じる。古くは茅渟海(ちぬのうみ)とも。北東から南西方向に長い楕円(だえん)形をしており、本州側はおおむね遠浅の浅海をなす。北岸・東岸は阪神(はんしん)工業地帯で、神戸港・大阪港ほかへ出入りする船舶が頻繁に航行する。淡路島沿岸ではイワシ・タコ・エビ漁が盛ん。1994年(平成6)9月、南東部の泉州(せんしゅう)沖の埋め立て地に関西国際空港が開港した。1995年(平成7)1月の兵庫県南部地震(マグニチュード7.3)の震源は湾北西部の明石海峡東口付近の海底で、北岸の神戸市街地では大きな被害が発生。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大阪湾
おおさかわん

瀬戸内海東端の陥没湾。東は大阪平野、西は淡路(あわじ)島、北は六甲(ろっこう)山地、南は和泉(いずみ)山脈に囲まれた内湾で、北西端の明石(あかし)海峡を通じて播磨灘(はりまなだ)に、南の友ヶ島で紀伊水道を経て太平洋につながっている。湾形は楕円(だえん)状で、長軸は北東―南西約60キロメートル、短軸は北西―南東約30キロメートル。面積は約1500平方キロメートル。海底は西側は深く、東側に浅く、平均水深27メートル。最大水深は紀淡海峡の部分で197メートルに及ぶ。潮流でもっとも速いのは明石海峡の毎時12キロメートル。湾内の海水の移動は河川水の影響とあわせ、長い時間でみると恒流とよばれる時計回りとなり、湾内の水質や底質の分布にも関係する。平均潮差は60センチメートル、過去の最高潮位は1934年(昭和9)9月21日、室戸(むろと)台風(第一室戸台風)時に記録したプラス4.6メートルで、以来湾岸の防潮堤設計の基準となっている。
 大阪湾は、古くは茅渟海(ちぬのうみ)ともよばれ、白砂青松の景勝地が多く、須磨(すま)、舞子(まいこ)、浜寺などは詩歌に詠まれてきたが、いまでは多くはコンクリートの人工護岸に変わっている。
 大阪が「なにわ」とよばれたのは、チヌ(クロダイ)をはじめとする魚貝類に恵まれた、「魚の庭(なのにわ)」からだともいわれる。漁獲高や漁家数は減少しているが、沿岸の砂泥域にカレイ、エビ、カニ、岩礁域にはクロダイ、カサゴ、マダコ、河口域にはスズキ、ボラ、表層付近にはイワシなど約230種の魚貝類がおり、種々の漁法で漁獲され、面積当りの漁獲量は瀬戸内海のほぼ2倍になる。
 大阪湾では、古くから瀬戸内海と畿内を結ぶ舟運に恵まれ、難波(なにわ)、兵庫、堺(さかい)などの港が栄えてきた。明治以降も大阪、神戸の二大貿易港を中心に沿岸に近代工業が発達し、西宮、尼崎(あまがさき)から堺、岸和田などの都市の並ぶ阪神工業地帯を形成している。海岸を埋め立てて、神戸ポートアイランド、六甲アイランド、大阪北港の舞洲(まいしま)・夢洲(ゆめしま)、南港の咲洲(さきしま)、堺・泉北臨海工業地帯などを造成した。さらに泉州沖には1994年(平成6)、日本最初の24時間運用可能な関西国際空港が開港した。このような埋立地の多くは水深10メートル以下の浅海域に集中しており、生態系へ及ぼす影響には細心の注意が必要である。[位野木壽一・安井 司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大阪湾の関連キーワード大阪府大阪市大正区ジェーン台風玉筋魚の釘煮大正[区]洲本[市]高石[市]会下山遺跡津名[町]忠岡[町]田尻[町]高師の浜人工海岸室戸台風茅渟の海甲子園深見峠観音峠大部分海岸線岸和田

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大阪湾の関連情報