コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大トリアノン宮殿 ダイトリアノンキュウデン

デジタル大辞泉の解説

だいトリアノン‐きゅうでん【大トリアノン宮殿】

Grand Trianon》フランス北部、イブリーヌ県の都市、ベルサイユにあるベルサイユ宮殿の離宮の一。17世紀にルイ14世が中国風の宮殿を建造し、後にフランスの後期バロック建築の第一人者であるジュール=マンサールが改築。第一次大戦後、連合国とハンガリーの間の講和条約トリアノン条約)がここで結ばれた。グラントリアノン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android