コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大七(だいしち)

デジタル大辞泉プラスの解説

大七(だいしち)

福島県、大七酒造株式会社の製造する日本酒

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

だいしち【大七】

福島の日本酒。初期の酒名は「大山」だったが、後に当主が代々襲名する「七右衛門」にちなみ「大七」に改称。伝承の生もと造りで酒を醸す。純米大吟醸酒、大吟醸酒、純米吟醸酒純米酒などがある。平成12、14年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石。仕込み水は安達太良(あだたら)山系伏流水。蔵元の「大七酒造」は宝暦2年(1752)創業。所在地は二本松市竹田。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大七(だいしち)の関連キーワード金原明善(きんぱらめいぜん)黄丹(おうに)愛知県一宮市隅田川続俤久保田譲七瀬の祓福井銀行跳ね・綽大八車福島県韓紅花

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android