大中臣豊雄(読み)おおなかとみの とよお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中臣豊雄 おおなかとみの-とよお

?-870 平安時代前期の神職。
大中臣木村の子。神祇(じんぎ)官に勤務。奉幣使として貞観(じょうがん)元年北陸の気比(けひ)社,気多(けた)社,2年伊勢神宮に派遣される。5年不吉な流星があったため,災厄がふりかからないよう大極殿(だいごくでん)において伊勢大神に祈願した。9年伊勢神宮祭主となる。貞観12年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android