コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大乃国康 オオノクニヤスシ

デジタル大辞泉の解説

おおのくに‐やすし〔おほのくに‐〕【大乃国康】

[1962~ ]力士。第62代横綱。北海道出身。本名、青木康。優勝2回。引退後、年寄芝田山。→第61代横綱北勝海(ほくとうみ) →第63代横綱旭富士

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大乃国康 おおのくに-やすし

1962- 昭和後期-平成時代の力士。
昭和37年10月9日生まれ。中学3年のとき魁傑(かいけつ)(放駒(はなれごま)親方)にさそわれ,昭和53年花籠(はなかご)部屋に入門。のち独立した放駒部屋の部屋頭となり,58年入幕。200kgをこす巨体からの寄りを武器に60年大関。62年62代横綱となる。平成3年引退。優勝2回。年寄芝田山を襲名。11年芝田山部屋をおこす。北海道出身。本名は青木康。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大乃国康の関連キーワード新藤兼人森一生川島雄三コーマントリュフォーグレツキ埼玉西武ライオンズ野村芳太郎バディム久松静児

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大乃国康の関連情報