コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保常春 おおくぼ つねはる

1件 の用語解説(大久保常春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保常春 おおくぼ-つねはる

1675-1728 江戸時代中期の大名。
延宝3年3月2日生まれ。大久保忠高(ただたか)の次男。側衆,若年寄をつとめる。享保(きょうほう)10年下野(しもつけ)(栃木県)烏山(からすやま)藩主大久保家初代。2万石。13年老中となり,1万石を加増された。享保13年9月8日死去。54歳。通称は平八郎,市十郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の大久保常春の言及

【烏山[町]】より

…栃木県東端,那須郡の町。人口2万0288(1995)。八溝山地西部,那珂川中流域の山地を占め,茨城県と接する。中心集落の烏山は那珂川西岸の段丘上にあり,中世以来の城下町で,那珂川沿岸で生産される葉タバコの集散地でもあった。現在も那須郡南部の行政・商業の中心で,商圏は茨城県側にも及ぶ。製材,和紙,醸造などの地場産業があり,1960年代以降,京浜方面から衣料,電気などの工場が進出した。県立那珂川自然公園の中心を占め,那珂川の景勝やアユ釣り,観光果樹園などを軸に,観光開発が進められている。…

※「大久保常春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大久保常春の関連キーワード光の科学史趙泰億談林十百韻見沼通船堀ゴンザ厚生局荻生徂徠クック虚空鈴慕銭大昕

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone