コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保忠高 おおくぼ ただたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保忠高 おおくぼ-ただたか

1619-1702 江戸時代前期の武士。
元和(げんな)5年生まれ。大久保忠知の子。幕臣。正保(しょうほ)元年家督をつぎ,小姓組組頭,新番頭(ばんがしら),書院番頭,側衆(そばしゅう)などをつとめる。元禄(げんろく)2年知足院造営にあたり落ち度があったとして閉門となったが,翌年ゆるされた。元禄15年4月25日死去。84歳。通称は市十郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大久保忠高の関連キーワード大久保常春

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android