コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保忠高 おおくぼ ただたか

1件 の用語解説(大久保忠高の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保忠高 おおくぼ-ただたか

1619-1702 江戸時代前期の武士。
元和(げんな)5年生まれ。大久保忠知の子。幕臣。正保(しょうほ)元年家督をつぎ,小姓組組頭,新番頭(ばんがしら),書院番頭,側衆(そばしゅう)などをつとめる。元禄(げんろく)2年知足院造営にあたり落ち度があったとして閉門となったが,翌年ゆるされた。元禄15年4月25日死去。84歳。通称は市十郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大久保忠高の関連キーワード生駒利勝大友義親岡島一吉木村亦次郎楠不伝酒井忠朝死人小左衛門多賀左近寺村山川楊井三之允