コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保忠世 おおくぼ ただよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保忠世 おおくぼ-ただよ

1532-1594 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)元年生まれ。大久保忠員(ただかず)の長男。徳川家康につかえ,三河(愛知県)の一向一揆(いっき),三方原,長篠(ながしの)の戦いなどで戦功をたてる。天正(てんしょう)3年武田軍をやぶり,遠江(とおとうみ)(静岡県)二俣城主となる。18年家康の関東入国後,小田原城主となった。4万5000石。文禄(ぶんろく)3年9月15日死去。63歳。三河出身。通称は新十郎,七郎右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおくぼただよ【大久保忠世】

1532‐94(天文1‐文禄3)
徳川家康の部将。大久保小田原藩祖。通称新十郎。大久保氏の宗家忠俊の弟忠員(ただかず)の嫡男。三河国上和田郷に生まれる。若年より家康の父広忠に仕え,織田氏との合戦に功があった。永禄末年,一手役(ひとてやく)(一軍団を預かる部将)となった。長篠の戦など武田氏との合戦にも戦功多く,遠州二俣城を与えられた。関東入部後,相州小田原で4万5000石の大名となる。【煎本 増夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の大久保忠世の言及

【小田原藩】より

…相模国(神奈川県)足柄下郡小田原に藩庁を置いた譜代中藩。1590年(天正18)大久保忠世が小田原4万石を領したのに始まり,忠世,忠隣(ただちか)の2代に検地の実施,酒匂(さかわ)川大口堤の修築,酒匂堰の開削等に意を注いだが,1614年(慶長19)忠隣改易によって城は番城,領地は幕府代官が預かった。その後阿部正次が一時在城した後,32年(寛永9)老中稲葉正勝が下野国真岡より移封(8万5000石),その子正則が老中のかたわら藩領経営に全力をあげ,小田原藩政の基礎を築いた(10万3000石,後11万3000石)。…

※「大久保忠世」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大久保忠世の関連キーワード大久保忠隣小田原城跡大久保忠成阿部忠政二十八将本多正信相模国

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android