コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保氏 おおくぼうじ

3件 の用語解説(大久保氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大久保氏
おおくぼうじ

藤原姓。下野国の住人宇都宮左衛門尉朝綱から出る。朝綱の9代の孫泰藤が三河に移住し,代々松平氏に仕え,忠茂のとき大久保と名のった。天正 18 (1590) 年小田原征伐ののち,徳川家康の関東移封に従って相模小田原藩主となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおくぼうじ【大久保氏】

江戸時代の譜代大名。はじめ宇都宮氏,のち宇都,宇津と称し,松平氏に仕えた。宇津忠茂の三男忠員(ただかず)の代に大久保と改める。2代忠世が徳川家康の下で武功をあげ,1590年(天正18)北条氏滅亡後小田原城主(4万5000石)となる。3代忠隣(ただちか)(6万5000石)は将軍秀忠の老中となったが1614年(慶長19)改易。その子忠常は武蔵国騎西2万石を領したが早世しており,孫の忠職は蟄居ののち許されて32年(寛永9)美濃国加納城主(5万石)となり,播磨国明石(7万石),肥前国唐津(8万3000石)に転じた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大久保氏
おおくぼうじ

江戸時代の譜代大名(ふだいだいみょう)、旗本の氏名。系図上では藤原道兼(ふじわらのみちかね)流、下野(しもつけ)宇都宮(うつのみや)氏支流。初め宇都宮氏または宇津氏を名のり、徳川家康の祖父松平清康に仕えた忠俊(ただとし)のとき大久保氏に改名。徳川氏との関係は松平信光に臣属してからで岩津譜代とされる。代々、三河(愛知県)の上和田郷周辺に住み、三河一向一揆(いっこういっき)のときは一族とも家康に味方した。大久保氏の本宗は大名とならず旗本で終わったが、忠茂の三男忠員(ただかず)の系統から大名が3家出た。(1)は徳川氏の五か国領有期、家康の部将で活躍した忠世(ただよ)と、その子で秀忠(ひでただ)時代の実力者となりのち失脚した忠隣(ただちか)の系統の小田原藩大久保氏。初め4万5000石だが、忠隣の失脚後、忠朝(ただとも)の代にふたたび復帰し10万3000石。以後、幕府の重職にも就任。(2)は忠員の系統で下野烏山(からすやま)藩大久保氏。(3)は小田原藩大久保氏の支族の相模国(さがみのくに)荻野山中(おぎのやまなか)藩大久保氏である。両家とも老中、若年寄など幕閣に列する。講談で有名な大久保彦左衛門(ひこざえもん)(忠教(ただたか))は忠隣の叔父。[煎本増夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大久保氏の言及

【唐津藩】より

…肥前国(佐賀県)松浦郡唐津に藩庁を置いた譜代中藩。1593年(文禄2)朝鮮の役で改易された波多信時に代わって豊臣大名寺沢広高が配置されたことに始まる。石高は6万3000石。98年(慶長3)朝鮮の役における軍功によって筑前怡土(いと)郡2万石,1600年関ヶ原の戦における戦功によって肥後天草4万石が加増された。合計石高12万3000石。広高は唐津城を完成する一方,新田開発,松浦川の改修工事,虹ノ松原防風林の植樹につとめ,16年(元和2)には総検地を実施して,藩制の基礎を整備したが,2代堅高のとき勃発した島原の乱によって天草4万石が没収され,47年(正保4)世嗣断絶によって改易となった。…

【三河物語】より

…江戸幕府の旗本大久保彦左衛門忠教が子孫に書き残した自伝。上中下の3巻から成る。松平氏の発祥から徳川家康が天下をとり東照権現としてまつられるまでの過程で,大久保一族の忠勤と自身の活躍を述べたもの。とくに彦左衛門16歳の初陣以降の叙述は,名文ではないが具体的で臨場感にあふれている。本家大久保忠隣(ただちか)の改易以来,主君から冷遇されていた大久保一族の不遇をなげきながらも,将軍への忠勤を子孫に説くなど,当時の武士の思想や世界観を知る上での好史料である。…

※「大久保氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大久保氏の関連キーワード詰衆日光街道譜代大名菊の間三河衆御門番宇都宮豊綱宇都宮義綱岡田聿山益子重綱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大久保氏の関連情報