大久保春野(読み)おおくぼ はるの

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保春野 おおくぼ-はるの

1846-1915 明治時代の軍人。
弘化(こうか)3年8月18日生まれ。大久保忠尚(ただひさ)の長男。明治3年陸軍の幼年学舎にはいり,のちフランス留学。日清(にっしん),日露戦争に従軍し,41年薩長出身者以外では初の陸軍大将となる。招魂社(靖国神社)の創立につくし,初代宮司をつとめた。大正4年1月25日死去。70歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android