コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保教寛 おおくぼ のりひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保教寛 おおくぼ-のりひろ

1657-1738* 江戸時代前期-中期の大名。
明暦3年生まれ。大久保忠朝(ただとも)の次男。小姓組番頭,書院番頭,側用人をつとめる。宝永3年西丸若年寄就任に際し,5000石を加増されて駿河(するが)(静岡県)松長藩主大久保家初代となる。1万6000石。元文(げんぶん)2年12月17日死去。81歳。幼名は唐之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大久保教寛の言及

【大久保氏】より

…江戸時代の譜代大名。はじめ宇都宮氏,のち宇都,宇津と称し,松平氏に仕えた。宇津忠茂の三男忠員(ただかず)の代に大久保と改める。2代忠世が徳川家康の下で武功をあげ,1590年(天正18)北条氏滅亡後小田原城主(4万5000石)となる。3代忠隣(ただちか)(6万5000石)は将軍秀忠の老中となったが1614年(慶長19)改易。その子忠常は武蔵国騎西2万石を領したが早世しており,孫の忠職は蟄居ののち許されて32年(寛永9)美濃国加納城主(5万石)となり,播磨国明石(7万石),肥前国唐津(8万3000石)に転じた。…

※「大久保教寛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大久保教寛の関連キーワード大久保教端

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android