コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保踊 おおくぼおどり

世界大百科事典 第2版の解説

おおくぼおどり【大久保踊】

兵庫県三原郡三原町の旧八木村大久保に伝承されている盆踊。大太鼓と拍子木のリズムで音頭取が歌をうたう。男踊と男女が組になって踊る曲とがあり,〈淀の車〉〈三階松〉などの男踊は,青年たちが浴衣で踊る。組踊は,義太夫や歌舞伎をもじった〈寺子屋〉〈土橋〉などの口説歌につれて,男は武部源蔵与兵衛,女は千代,累(かさね)になった気分で刀と経机,鎌と菅笠などの採物(とりもの)を持ち,打ち合わせながら踊る。採物を芝居に結びつけた仕組踊である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android