コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保踊 おおくぼおどり

1件 の用語解説(大久保踊の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおくぼおどり【大久保踊】

兵庫県三原郡三原町の旧八木村大久保に伝承されている盆踊。大太鼓と拍子木リズムで音頭取が歌をうたう。男踊と男女が組になって踊る曲とがあり,〈淀の車〉〈三階松〉などの男踊は,青年たちが浴衣で踊る。組踊は,義太夫歌舞伎をもじった〈寺子屋〉〈土橋〉などの口説歌につれて,男は武部源蔵与兵衛,女は千代,累(かさね)になった気分で刀と経机,鎌と菅笠などの採物(とりもの)を持ち,打ち合わせながら踊る。採物を芝居に結びつけた仕組踊である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大久保踊の関連キーワード三原色三原市三原三原山三原組織男児三原物三原やっさ節武田万太夫株式投資の三原則

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大久保踊の関連情報