コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保重五郎 おおくぼ じゅうごろう

1件 の用語解説(大久保重五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保重五郎 おおくぼ-じゅうごろう

1867-1941 明治-昭和時代前期の園芸家。
慶応3年8月13日生まれ。小山益太に果樹栽培をまなび,明治19年郷里の岡山県弥上村(瀬戸町)に果樹園をひらく。桃の栽培技術の研究,品種改良につとめ,新品種「白桃」「大久保」を発見,命名した。また噴霧器や剪定鋏(せんていばさみ)も考案した。昭和16年1月15日死去。75歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大久保重五郎の関連キーワード治安維持法日米交渉陥没カルデラ藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助箕浦元章流状組織明治天皇

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大久保重五郎の関連情報