コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大久保鼎 おおくぼ かなえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保鼎 おおくぼ-かなえ

1824-1864 幕末の武士。
文政7年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩士。江戸にでて昌平黌(しょうへいこう)にまなび,藤田東湖,吉田松陰らとまじわる。文久3年の四国艦隊下関砲撃事件を機に保守派の家老岡谷瑳磨介(おかのや-さまのすけ)を追及する断髪党を組織。公武斡旋(あっせん)のため無断で京都へいく途中箱根で捕らえられ,元治(げんじ)元年4月16日切腹。41歳。名は一貫。通称は別に新助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大久保鼎の関連キーワードウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たち元治田中久重エンゲルスワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)ルイアルペッジョーネシャルル[10世]マクドナルド

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android