大久保鼎(読み)おおくぼ かなえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大久保鼎 おおくぼ-かなえ

1824-1864 幕末の武士。
文政7年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩士。江戸にでて昌平黌(しょうへいこう)にまなび,藤田東湖,吉田松陰らとまじわる。文久3年の四国艦隊下関砲撃事件を機に保守派の家老岡谷瑳磨介(おかのや-さまのすけ)を追及する断髪党を組織。公武斡旋(あっせん)のため無断で京都へいく途中箱根で捕らえられ,元治(げんじ)元年4月16日切腹。41歳。名は一貫。通称は別に新助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android