コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大井上康 おおいのうえ やすし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大井上康 おおいのうえ-やすし

1892-1952 大正-昭和時代の園芸家。
明治25年8月21日生まれ。大正3年茨城県の神谷酒造所牛久(うしく)葡萄(ぶどう)園の技師となり,8年静岡県下大見村(中伊豆町)に大井上理農学研究所を設立,ブドウ研究にとりくむ。昭和17年新品種「巨峰」の作出に成功した。昭和27年9月23日死去。60歳。広島県出身。東京農大卒。著作に「葡萄の研究」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大井上康の関連キーワード静岡県伊豆市上白岩昭和時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android