コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴潔足 おおともの きよたり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴潔足 おおともの-きよたり

716-792 奈良時代の公卿(くぎょう)。
霊亀(れいき)2年生まれ。大伴兄麻呂の子。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)年間に越前(えちぜん)(福井県)の国司として東大寺の寺田の選定にたずさわる。播磨守(はりまのかみ),美濃(みのの)守などをへて,宝亀(ほうき)11年以降は近衛中将など武官も歴任。延暦(えんりゃく)9年参議,兵部卿(ひょうぶきょう)となった。延暦11年10月2日死去。77歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大伴潔足の関連キーワード問民苦使(もみくし)奈良時代公卿霊亀

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android