コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大伴潔足 おおともの きよたり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大伴潔足 おおともの-きよたり

716-792 奈良時代の公卿(くぎょう)。
霊亀(れいき)2年生まれ。大伴兄麻呂の子。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)年間に越前(えちぜん)(福井県)の国司として東大寺の寺田の選定にたずさわる。播磨守(はりまのかみ),美濃(みのの)守などをへて,宝亀(ほうき)11年以降は近衛中将など武官も歴任。延暦(えんりゃく)9年参議,兵部卿(ひょうぶきょう)となった。延暦11年10月2日死去。77歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大伴潔足の関連キーワード老齢基礎年金健児養子健児交流サイトと出会い系サイト木曽川の渡船阿保親王軍団スキロス島日本逸史