コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大倉笠山 おおくら りつざん

美術人名辞典の解説

大倉笠山

江戸後期の画家。山城生。名は穀、字は国宝、別号に義邦。中林竹洞に画を、頼山陽に詩を学び、詩文にも優れた。妻袖蘭も画を能くした。嘉永3年(1850)歿、66才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大倉笠山 おおくら-りつざん

1785-1850 江戸時代後期の画家。
天明5年生まれ。画を中林竹洞に,詩を頼山陽にまなぶ。家は代々山城(京都府)笠置有力者であったが,家督を弟にゆずって京都にすんだ。妻は画家の吉田袖蘭(しゅうらん)。嘉永(かえい)3年1月2日死去。66歳。名は穀。字(あざな)は国宝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大倉笠山の関連キーワード大倉袖蘭

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android