大倉笠山(読み)おおくら りつざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大倉笠山 おおくら-りつざん

1785-1850 江戸時代後期の画家。
天明5年生まれ。画を中林竹洞に,詩を頼山陽にまなぶ。家は代々山城(京都府)笠置有力者であったが,家督を弟にゆずって京都にすんだ。妻は画家の吉田袖蘭(しゅうらん)。嘉永(かえい)3年1月2日死去。66歳。名は穀。字(あざな)は国宝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android