コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大半小 だいはんしょう

1件 の用語解説(大半小の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいはんしょう【大半小】

主として日本古代末期から中世を通じて用いられた面積単位。史料上の初見は922年(延喜22)の和泉(大阪府)の《大鳥神社流記帳》。大は1段の3分の2,半は2分の1,小は3分の1の面積を表し,当時の1段は360歩であったから,それぞれ240歩,180歩,120歩であった。1段の水田が畦畔によって6等分されているような場合に便利な面積単位で,全国的に分布するが,とくに畿内と中国西部,四国北部,東海関東地方に多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大半小の関連キーワード音声散所石槍南蛮鉄古代サラサ鉄剣放氏鎧直垂吉田晶ルーン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone