大半小(読み)だいはんしょう

世界大百科事典 第2版の解説

だいはんしょう【大半小】

主として日本古代末期から中世を通じて用いられた面積単位。史料上の初見は922年(延喜22)の和泉(大阪府)の《鳥神社流記帳》。大は1段の3分の2,半は2分の1,小は3分の1の面積を表し,当時の1段は360歩であったから,それぞれ240歩,180歩,120歩であった。1段の水田畦畔によって6等分されているような場合に便利な面積単位で,全国的に分布するが,とくに畿内と中国西部,四国北部,東海関東地方に多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大半小の関連情報