大原呑舟(読み)おおはら どんしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大原呑舟 おおはら-どんしゅう

1792-1858* 江戸時代後期の画家。
寛政4年生まれ。大原呑響の子。京都で四条派の柴田義董(ぎとう)にまなび,山水や人物を得意とした。安政4年12月29日死去。66歳。京都出身。名は鯤(こん)。別号に崑崙(こんろん)。作品に「美妓(びき)図屏風(びょうぶ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大原呑舟

没年:安政4.12.29(1858.2.12)
生年:生年不詳
江戸後期の画家。名は鯤,号は崑崙。津軽出身で山水花鳥を得意とした大原呑響の子。画法を柴田義董に学び,力強くのびやかな画風で,一家をなした。京都北野の立本寺に葬られた。

(河野元昭)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android