コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原呑舟 おおはら どんしゅう

美術人名辞典の解説

大原呑舟

江戸後期の画家。阿波生。名は鯤、別号に鯤崘・崑崙等。京都に出て大原呑響の養子となる。呉春の門人柴田義董画法を学び、山水・人物を能くした。筆力は力強く伸び伸びとしている。安政4年(1857)歿、66才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大原呑舟 おおはら-どんしゅう

1792-1858* 江戸時代後期の画家。
寛政4年生まれ。大原呑響の子。京都で四条派の柴田義董(ぎとう)にまなび,山水や人物を得意とした。安政4年12月29日死去。66歳。京都出身。名は鯤(こん)。別号に崑崙(こんろん)。作品に「美妓(びき)図屏風(びょうぶ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大原呑舟

没年:安政4.12.29(1858.2.12)
生年:生年不詳
江戸後期の画家。名は鯤,号は崑崙。津軽出身で山水花鳥を得意とした大原呑響の子。画法を柴田義董に学び,力強くのびやかな画風で,一家をなした。京都北野の立本寺に葬られた。

(河野元昭)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報