コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原呑響 おおはら どんきょう

美術人名辞典の解説

大原呑響

江戸後期の画家。陸奥生。本姓今田(一説に熊谷)、名は翼、字は雲卿、通称に観次・左金吾別号に墨斎。松前藩より文武の師として聘せられ重用される。画法張瑞図を慕い、最も山水図を能くした。また詩文琴書にも優れる。文化7年(1810)歿、享年未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大原呑響 おおはら-どんきょう

?-1810 江戸時代後期の儒者。
江戸で井上金峨に儒学をまなぶ。寛政7年松前藩(北海道)の前藩主松前道広にまねかれ蝦夷(えぞ)地にわたる。8年老中松平信明の命により江戸で「地北寓談(ぐうだん)」をあらわす。画家としても知られた。文化7年5月18日死去。陸奥(むつ)磐井(いわい)郡(岩手県)出身。本姓は今田(一説に熊谷)。名は翼。字(あざな)は雲卿。通称は左金吾。別号に墨斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大原呑響の関連キーワード大原左金吾蠣崎波響大原呑舟

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android