コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原談義 おおはらだんぎ

世界大百科事典 第2版の解説

おおはらだんぎ【大原談義】

1186年(文治2)浄土宗の開祖法然が天台宗の学匠顕真の招請をうけ,洛北大原の勝林院において諸宗の碩学を相手に論議したこと。大原問答ともいう。ことの起りは,顕真が法然に会って出離の道をたずね,法然から阿弥陀仏の願力を強縁として凡夫が浄土に往生できる旨を聞いたが,なお疑心とけず,100日間籠居して浄土の典籍について研究し,その後改めて法然を招いて論談することになったものである。顕真のほか,明遍(三論),貞慶(法相),智海(天台),湛学(同)ら諸宗の学僧が参会し,法然の述べる浄土宗義に対して詰問した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の大原談義の言及

【宗論】より

…【礪波 護】 日本では,宗論は古代・中世に盛行した。古くは最澄が法相宗の護命(ごみよう)・徳一(とくいつ)との間で大乗戒や法華の権実について文書を往復して論難した宗論をはじめ,963年(応和3)法相宗の仲算らが天台宗の良源(りようげん)らと定性(じようしよう)二乗不成仏の義について論争した〈応和宗論〉,1186年(文治2)法然の専修念仏の義について叡山の顕真(けんしん),高野山の明遍(みようへん),笠置山の貞慶(じようけい)らが問者となって大原勝林院で行われた〈大原談義(大原問答)〉などがよく知られる。 のちに日蓮宗(法華宗)が謗法折伏(ほうぼうしやくぶく)を標榜して台頭してくると,中世後期の宗論は,日蓮宗と他宗との宗論が中心となった。…

※「大原談義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大原談義の関連キーワード袋中

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android