明遍(読み)みょうへん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明遍 みょうへん

1142-1224 平安後期-鎌倉時代の僧。
康治(こうじ)元年生まれ。藤原通憲(みちのり)の子。東大寺で三論をまなぶが,大和(奈良県)光明山に遁世。さらに高野山にはいり,蓮華三昧院をひらいて30年間山をおりなかった。法然帰依(きえ)し,念仏を専修したともいう。空阿弥陀仏と号し,高野都,蓮華谷僧都とよばれた。貞応(じょうおう)3年6月16日死去。83歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の明遍の言及

【高野聖】より

… このころの高野聖はいくつかの集団となって高野山内に住んだが,その中でとくに有名なのは蓮華谷聖,萱堂聖,千手院聖の三大聖集団である。蓮華谷聖は遁世と道心をもって知られ,明遍僧都(少納言信西の子)を偶像とした。萱堂聖は法灯国師(臨済宗法灯派の派祖,心地覚心)によって結ばれ,唱導説経を特色とした。…

※「明遍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android