大友玄圭(読み)おおとも げんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大友玄圭 おおとも-げんけい

1770-1827 江戸時代後期の医師。
明和7年生まれ。京都で和田東郭にまなぶ。雄物川流域の風土病の原因がツツガムシであることを発見して治療をほどこし,後年のツツガムシ病研究の基礎をきずいた。文政10年9月17日死去。58歳。出羽(でわ)平鹿(ひらか)郡(秋田県)出身。名は吉徳。幼名は与藤治。字(あざな)は孝叔。著作に「計多仁治験」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android