コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平鹿 ひらか

3件 の用語解説(平鹿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平鹿
ひらか

秋田県南東部,横手市中西部の旧町域。横手盆地にある。 1956年浅舞町と吉田村が合体して平鹿町が成立。 1957年醍醐村を編入。 2005年横手市,増田町,雄物川町,大森町,十文字町,山内村,大雄村の7市町村と合体して横手市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひらか【平鹿】

秋田県南東部、横手市の地名。横手盆地南部に位置し、リンゴを特産。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平鹿
ひらか

秋田県南東部、平鹿郡にあった旧町名(平鹿町(まち))。現在は横手市平鹿町で、市の中部を占める。旧平鹿町は、横手市の南西方に位置する。1956年(昭和31)浅舞(あさまい)町と吉田村が合併して成立。1957年醍醐(だいご)村を編入。2005年(平成17)増田、雄物(おもの)川、大森、十文字(じゅうもんじ)の4町および山内(さんない)、大雄(たいゆう)の2村とともに横手市に合併。JR奥羽本線と国道13号、107号が通じる。横手盆地の南部を占め、耕地がよく開け、米作のほかリンゴ栽培が行われる。リンゴは平鹿リンゴとして知られ、醍醐地区には県の果樹試験場がある。養豚、養鶏も盛んで、多頭・多数羽飼育の傾向がある。中心地区の浅舞には約400年の伝統をもつ朝市があり、毎月1、4、6、8のつく日に開かれる。醍醐地区の荒処(あらどころ)に伝わる梵天(ぼんてん)行事は、地区の灌漑(かんがい)用水をまかなう弁天池へ青壮年者が梵天を担いで入るもので、選択無形民俗文化財。[宮崎禮次郎]
『『平鹿町郷土誌』(1969・平鹿町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平鹿の関連キーワード秋田県横手市赤坂秋田県横手市大沢秋田県横手市黒川秋田県横手市城山町秋田県横手市杉沢秋田県横手市中央町秋田県横手市前郷秋田県横手市柳田秋田県横手市八幡秋田県横手市横手町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平鹿の関連情報