コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和山甚左衛門(初代) やまとやま じんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大和山甚左衛門(初代) やまとやま-じんざえもん

1677-1721 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
延宝5年5月19日生まれ。初代上村吉弥の門人。若女方から立役(たちやく)に転じ,初代坂田藤十郎にまなんで俏事(やつしごと),傾城(けいせい)買いを得意とした。享保(きょうほう)6年閏(うるう)7月19日死去。45歳。大和(奈良県)出身。初名小桜林之助。前名は小桜林左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

大和山甚左衛門(初代) (やまとやまじんざえもん)

生年月日:1677年5月19日
江戸時代中期の歌舞伎役者;歌舞伎座本
1721年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

大和山甚左衛門(初代)の関連キーワード歌舞伎役者生年月日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android