コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和山甚左衛門(初代) やまとやま じんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大和山甚左衛門(初代) やまとやま-じんざえもん

1677-1721 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
延宝5年5月19日生まれ。初代上村吉弥の門人。若女方から立役(たちやく)に転じ,初代坂田藤十郎にまなんで俏事(やつしごと),傾城(けいせい)買いを得意とした。享保(きょうほう)6年閏(うるう)7月19日死去。45歳。大和(奈良県)出身。初名は小桜林之助。前名は小桜林左衛門

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大和山甚左衛門(初代)の関連キーワードフルカラーバークリーブランデンブルク協奏曲小山田庄左衛門アウグスト(2世)ブランデンブルク協奏曲近松門左衛門(年譜)北方戦争朱一貴インノケンチウス13世

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone