コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山田庄左衛門 おやまだ しょうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山田庄左衛門 おやまだ-しょうざえもん

1677-1721 江戸時代前期の武士。
延宝5年生まれ。小山田十兵衛の子。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。主君の仇(あだ)討ちのため大石良雄と行動をともにしていたが,討ち入りの直前,片岡源五右衛門から金3両と小袖をぬすんで逃亡した。のち中島隆碩の名で医業をいとなむが,享保(きょうほう)6年1月15日使用人に殺害された。45歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山田庄左衛門の関連キーワード直助権兵衛

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android