コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山田庄左衛門 おやまだ しょうざえもん

1件 の用語解説(小山田庄左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山田庄左衛門 おやまだ-しょうざえもん

1677-1721 江戸時代前期の武士。
延宝5年生まれ。小山田十兵衛の子。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。主君の仇(あだ)討ちのため大石良雄と行動をともにしていたが,討ち入りの直前,片岡源五右衛門から金3両と小袖をぬすんで逃亡した。のち中島隆碩の名で医業をいとなむが,享保(きょうほう)6年1月15日使用人に殺害された。45歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小山田庄左衛門の関連キーワード生駒利勝石尾阿波守岡田義政死人小左衛門清水一学菅沼定堅多賀左近寺村山川中村信斎成瀬正起