コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大場雄淵 おおば ゆうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大場雄淵 おおば-ゆうえん

1758-1829 江戸時代中期-後期の俳人。
宝暦8年生まれ。仙台大崎八幡神社の神職で,丈芝坊(じょうしぼう)白居門人。寛政10年実方中将(藤原実方)八百年忌追善集として「かたみのすゝき」を刊行した。文政12年8月29日死去。72歳。陸奥(むつ)仙台出身。名は雄淵(おぶち)。通称は山城別号に澹斎,瓠形庵(こけいあん)。著作はほかに地誌「奥州名所図絵」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大場雄淵の関連キーワード俳人

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android