コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大場雄淵 おおば ゆうえん

1件 の用語解説(大場雄淵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大場雄淵 おおば-ゆうえん

1758-1829 江戸時代中期-後期の俳人。
宝暦8年生まれ。仙台大崎八幡神社の神職で,丈芝坊(じょうしぼう)白居の門人。寛政10年実方中将(藤原実方)八百年忌追善集として「かたみのすゝき」を刊行した。文政12年8月29日死去。72歳。陸奥(むつ)仙台出身。名は雄淵(おぶち)。通称は山城。別号に澹斎,瓠形庵(こけいあん)。著作はほかに地誌「奥州名所図絵」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大場雄淵の関連キーワード松平定信松平定信松平定信松平定信鶴屋南北俚言集覧稲村三伯ウェブスター経済表

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone