コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大境洞窟 おおざかいどうくつ

2件 の用語解説(大境洞窟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大境洞窟
おおざかいどうくつ

富山県氷見市大境にある洞窟住居址。洞窟は富山湾に面した隆起海食洞。 1918年海岸にある白山社社殿改築のため,社殿背後の洞窟の基盤を掘ったところ,長さ 1mの大石棒,貝殻,獣魚骨,石器,土器,人骨などが多数出土。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大境洞窟【おおざかいどうくつ】

富山県氷見(ひみ)市大境にある縄文中期〜古代の洞窟遺跡(史跡)。縄文(じょうもん)土器,弥生(やよい)土器,須恵器(すえき),土師器(はじき)が出土。弥生土器の層から抜歯した人骨や赤色を塗った人骨が発掘された。
→関連項目洞窟遺跡氷見[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の大境洞窟の言及

【海食洞】より

…海食洞の深さはふつう低潮面下1m内外であり,現在の海面より高い所にある離水海食洞は,過去の海面の位置を示す有力な指標として利用される。また富山県氷見市大境洞窟のように先史時代の人類遺物をとどめる場合もある。海面下に沈水した海食洞もある。…

【富山湾】より

…富山平野から富山湾に流入する現在の河川,および旧河川の流路の延長上には,大陸棚・大陸斜面を彫刻して〈アイガメ〉と呼ばれるみごとな海谷(海底谷)の発達がみられる。これらの海谷や,魚津港沖および入善(にゆうぜん)町吉原沖の埋没林(特天),氷見(ひみ)海岸の先史遺跡の大境(おおさかい)洞窟(旧海食洞)などの存在は,陸地の隆起・沈降と海面の昇降の組合せによる海岸線の複雑な変化を示している。東海岸,とくに東部の黒部川扇状地の末端では海岸浸食が激しいので,海岸線に沿って護岸堤防が築造されている。…

※「大境洞窟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大境洞窟の関連キーワード富山県氷見市泉富山県氷見市大浦富山県氷見市大窪富山県氷見市大境富山県氷見市大野富山県氷見市大覚口富山県氷見市窪富山県氷見市姿富山県氷見市布施富山県氷見市本町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone