コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大天 だいてんMahādeva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大天
だいてん
Mahādeva

インドの釈尊没後 100年頃の人。大衆部。五ヵ条からなる新説を提唱し,それを契機にそれまで一つであった仏教徒教団保守派 (→上座部 ) と進歩派 (大衆部) に2分した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいてん【大天】

部派仏教時代の大衆(たいしゆ)部の思想家。生没年不詳。サンスクリットマハーデーバMahādevaという。アショーカ王の子マヒンダ(前3世紀)の師で,アショーカ王が師のモッガリプッタ・ティッサの提唱にしたがい,インド各地に仏教伝道師を派遣したとき,マヒサマンダラMahisamaṇḍala(ナルマダー川の南方あたり)に赴いたとされる。彼は大衆部に近い思想をもっていたので,彼の弟子たちは大衆部の一支派である制多山(せいたせん)部を形成したという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大天の関連キーワードジョン・トマス フィリフェントE.マーガレット バービッジマチルダ・ザ・ミュージカルモッガリプッタ・ティッサモンテサンタンジェロ奈良県吉野郡黒滝村エドモンド ワイス長野県松本市丸の内シュルデシュティV. シャロノフドヒアリウ修道院聖ガブリエル教会アシャ・ワヒスタペンブルック城鞍馬天狗(能)大生郷天満宮迦葉山天狗面浦上天主堂プロピシュトリャブナ

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大天の関連情報