コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大小対当 ダイショウタイトウ

デジタル大辞泉の解説

だいしょう‐たいとう〔ダイセウタイタウ〕【大小対当】

論理学で、対当関係の一。主語と述語、また質(肯定・否定)を同じくするが、量(全称・特称)を異にする二つの判断の真偽関係。→対当関係

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

だいしょうたいとう【大小対当】

〘論〙 対当関係の一。主語・述語を同じくする全称肯定判断と特称肯定判断、または全称否定判断と特称否定判断との論理的関係。 → 対当関係

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の大小対当の言及

【対当】より

…(1)AO,EIの関係は,矛盾対当と呼ばれ,下の関係が成立する。 〈Aが真⇔Oが偽〉〈Aが偽⇔Oが真〉 ……(1)  〈Eが真⇔Iが偽〉〈Eが偽⇔Iが真〉 ……(2) (2)AI,EOの関係は,大小対当と呼ばれ,下が成立する。 〈Aが真⇒Iが真〉〈Iが偽⇒Aが偽〉 ……(3)  〈Eが真⇒Oが真〉〈Oが偽⇒Eが偽〉 ……(4) (3)AEの関係は反対対当と呼ばれ,下が成立する。…

※「大小対当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android