コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山庄大夫 おおやま しょうだゆう

2件 の用語解説(大山庄大夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大山庄大夫 おおやま-しょうだゆう

1808-1866 江戸時代後期の武士。
文化5年生まれ。出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)藩士。藩主酒井忠器(ただかた)に重用され,江戸留守居役,用人などをつとめる。文久2年隠居したが,酒井右京らと公武合体を主張して藩政改革を画策。藩内の佐幕派により捕らえられ,慶応2年11月13日自刃(じじん)。59歳。名は安直。通称は別に佑輔。号は鶴陵。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大山庄大夫

没年:慶応2.11.13(1866.12.19)
生年:文化5(1808)
幕末の出羽庄内藩(山形県)藩士。酒井右京らと共に公武合体論を主張。第2次長州征討での幕府軍の敗北ののち,自己勢力の低下を恐れた松平権十郎,菅実秀らの佐幕派により弾圧を受け,自刃。翌年9月,死体が斬に処せられた。この事件は大山騒動といわれ,長く真相は秘されていた。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大山庄大夫の関連キーワード岡田子明片山辰世鈴木宗休高田亘多祉宮伊達義基友部方秀村田理介柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone