コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大峰山寺 オオミネサンジ

デジタル大辞泉の解説

おおみねさん‐じ〔おほみねさん‐〕【大峰山寺】

奈良県吉野郡天川村にある寺院。のちに修験道開祖となった役(えん)の行者(ぎょうじゃ)が修行をし、開いたとされる霊場本堂江戸時代の元禄4年(1691)に再建されたもので、国の重要文化財。蔵王権現像を祭る。大峰山の中心、山上ヶ岳の山頂にあり、吉野山にある金峰山寺(きんぷせんじ)の本堂を「山下(さんげ)の蔵王堂」と呼ぶのに対し、「山上の蔵王堂」と呼ばれる。平成16年(2004)「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大峰山寺の関連キーワード奈良県吉野郡天川村洞川奈良県吉野郡天川村山上ヶ岳・山上ヶ嶽大峰山寺境内大峯奥駈道金峰山寺紀伊山地行者

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android