コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大峰山寺 オオミネサンジ

デジタル大辞泉の解説

おおみねさん‐じ〔おほみねさん‐〕【大峰山寺】

奈良県吉野郡天川村にある寺院。のちに修験道開祖となった役(えん)の行者(ぎょうじゃ)が修行をし、開いたとされる霊場本堂江戸時代の元禄4年(1691)に再建されたもので、国の重要文化財。蔵王権現像を祭る。大峰山の中心、山上ヶ岳の山頂にあり、吉野山にある金峰山寺(きんぷせんじ)の本堂を「山下(さんげ)の蔵王堂」と呼ぶのに対し、「山上の蔵王堂」と呼ばれる。平成16年(2004)「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大峰山寺の関連キーワード奈良県吉野郡天川村洞川奈良県吉野郡天川村山上ヶ岳・山上ヶ嶽大峰山寺境内大峯奥駈道金峰山寺紀伊山地行者

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android