コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金峰山寺 キンプセンジ

デジタル大辞泉の解説

きんぷせん‐じ【金峰山寺】

奈良県吉野山にある金峰山修験本宗の総本山院号蔵王堂院。役(えん)の小角(おづの)草創と伝え、聖宝僧正(理源大師)の中興と伝える。蔵王堂・二王門(ともに国宝)を中心に金峰山一山は天台真言両宗の修験道寺院で構成され、諸院諸坊数十宇を数える。平成16年(2004)「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産(文化遺産)に登録された。蔵王堂。金輪王寺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんぷせんじ【金峰山寺】

奈良県吉野山にある金峰山修験本宗の総本山。山号は国軸山。役小角えんのおづのの開基と伝える。古来、霊地として信仰されたが、のちに修験道の中心地の一つとして発展。山上ヶ岳と吉野山に建立された多数の寺院の総称であったが、蔵王権現をまつった蔵王堂が本堂となる。後醍醐天皇が行宮あんぐうとし、南朝にまつわる遺跡が多い。金輪王寺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金峰山寺の関連キーワード後醍醐天皇吉野の大衆山上ヶ岳吉野詣で吉水神社大峰山寺吉野法師蔵王権現薄茶器蓮華会吉水院中心地小角南朝山号開基霊地

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金峰山寺の関連情報