コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金峰山寺 キンプセンジ

2件 の用語解説(金峰山寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きんぷせん‐じ【金峰山寺】

奈良県吉野山にある金峰山修験本宗の総本山。院号は蔵王堂院。役(えん)の小角(おづの)の草創と伝え、聖宝僧正(理源大師)の中興と伝える。蔵王堂・二王門(ともに国宝)を中心に金峰山一山は天台真言両宗の修験道寺院で構成され、諸院諸坊数十宇を数える。平成16年(2004)「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産文化遺産)に登録された。蔵王堂。金輪王寺

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きんぷせんじ【金峰山寺】

奈良県吉野山にある金峰山修験本宗の総本山。山号は国軸山。役小角えんのおづのの開基と伝える。古来、霊地として信仰されたが、のちに修験道の中心地の一つとして発展。山上ヶ岳と吉野山に建立された多数の寺院の総称であったが、蔵王権現をまつった蔵王堂が本堂となる。後醍醐天皇が行宮あんぐうとし、南朝にまつわる遺跡が多い。金輪王寺。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金峰山寺の関連情報