コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山上ヶ岳 さんじょうがたけ

5件 の用語解説(山上ヶ岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山上ヶ岳
さんじょうがたけ

奈良県南部,大峰山脈北部にある山。同山脈の主峰の1つで天川村に属する。狭義には大峰山ともいう。標高 1719m。7世紀後半に役小角 (えんのおづぬ) が開き,9世紀後半に聖宝が中興した大峰信仰の霊山として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんじょう‐が‐たけ〔サンジヤウ‐〕【山上ヶ岳】

奈良県中央部にある、大峰山脈の一峰。頂上に大峰山寺があり、蔵王権現を祭る。標高1720メートル。大峰山。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山上ヶ岳【さんじょうがたけ】

奈良県中部,大峰山地の北部にある山。標高1719m。大峰山修験道の根本道場として知られ,山頂には大峰山寺本堂(世界遺産)をはじめ,多くの宿坊があり,付近には鐘掛岩,西ノ覗(のぞき)岩,東ノ覗岩など絶壁を利用した行場がある。
→関連項目大峰山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕山上ヶ岳(さんじょうがたけ)


奈良県南部、熊野(くまの)川(十津(とつ)川)と吉野(よしの)川・北山(きたやま)川の間を南北に走る大峰(おおみね)山脈の主峰をなす一峰。標高1719m。大峰山とも。修験(しゅげん)道の創始者の役行者(えんのぎょうじゃ)が開いたと伝えられる霊山で、山頂には大峰山上権現や宿坊がある。古来、北の吉野山から大峰山脈を南へ縦走し釈迦ヶ(しゃかが)岳東腹の前鬼(ぜんき)に至る「大峯奥駈(おおみねおくが)け」道が、修験者の修行の場だった。2004年(平成16)7月、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産(文化遺産)に登録された。吉野熊野国立公園に含まれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山上ヶ岳
さんじょうがたけ

奈良県中央部、吉野郡天川(てんかわ)村にある山。大峰(おおみね)山脈北部の主峰。標高1719メートル。通称大峰山。役行者(えんのぎょうじゃ)が開き、聖宝(しょうぼう)が中興したと伝えられる大峰信仰の霊山として古くから崇(あが)められてきた。山頂に修験道(しゅげんどう)の根本道場で、蔵王権現(ざおうごんげん)を祀(まつ)る大峯山寺(おおみねさんじ)がある。付近に東ノ覗岩(のぞきいわ)、西ノ覗岩、鐘掛岩などの行場があり、現在も山頂への女人禁制が守られている。高山植物、鳥類、昆虫の宝庫といわれ、吉野熊野国立公園の一部。大峯山寺を通る大峯奥駈(おくがけ)道は世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に含まれている。近畿日本鉄道吉野線下市口(しもいちぐち)駅から洞川(どろがわ)までバスの便があり、頂上まで約3時間を要する。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山上ヶ岳の言及

【大峰山】より

…紀伊山地の中央を南北にのびる脊梁山脈が大峰山脈で,広義の大峰山は大峰山脈の峰々をさし,狭義にはその北部の主峰山上ヶ岳(1719m)をさす。大峰山脈は北の吉野山から南の玉置山まで,南北約50kmの山地で,近畿地方の最高峰八剣(はつけん)山(1915m,仏経ヶ岳,八経ヶ岳ともいう)をはじめ,北から大天井ヶ岳(1439m),山上ヶ岳,大普賢岳(1780m),弥山(みせん)(1895m),釈迦ヶ岳(1800m),大日岳(1593m)などの峰々が連なり,大和アルプスともいわれる。…

【金峰山】より

…金峰山の境域は明確ではなく,およそ吉野山から大峰山にかけての山々を指すが,本来は青根ヶ峰(858m)を主峰とし,その信仰も神奈備(かんなび)信仰に発したと思われる。しかし忿怒相で火焰を背負う金剛蔵王権現が主神となるに及んで,山上蔵王堂が存在する山上ヶ岳が金峰山の主峰になったのである。吉野金峰山は奈良時代末より平安時代中期にかけて多くの修行者が入山し,吉野の愛染,岩倉を中心に多数の堂塔が造立され修験の一大勢力を形成した。…

※「山上ヶ岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山上ヶ岳の関連キーワード熊野町熊野詣で天辻峠湯泉地温泉熊野三社三熊野熊野川[町]奈良県吉野郡十津川村小原奈良県吉野郡十津川村熊野川〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山上ヶ岳の関連情報