コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島石 おおしまいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大島石
おおしまいし

愛媛県今治市北部,瀬戸内海に浮かぶ芸予諸島大島で産出される花崗岩一種。建築,土木用石材として四国,中国,九州地方で用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

大島石

愛媛県今治市北部、芸予諸島に属する大島で産する花崗岩の石材。墓石などに用いられる。地域団体商標

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおしまいし【大島石】

愛媛県今治市の北,来島(くるしま)海峡を隔てた愛媛県越智郡大島に産する花コウ岩の石材名。比較的細粒で長石が淡青色を帯びているので,やや青っぽく見える。土木建築用にも使われるが,特に墓石材として名高く,関西では庵治(あじ)石に次ぐ高級材として扱われている。【矢橋 謙一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の大島石の言及

【大島】より

…かつては能島(のしま)とよばれ,室町時代には村上水軍の根拠地となった。東の宮窪町はかんきつ類の栽培や漁業が盛んで,北部の余所国(よそくに)を中心に良質の大島石(花コウ岩)の産出,海運や杜氏(とうじ)としての出稼ぎで知られる。西の吉海町はかんきつ類のほか,米,野菜栽培,漁業,造船がみられ,南西部にある下田水(しただみ)は今治市への玄関港である。…

※「大島石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大島石の関連キーワード愛媛県今治市宮窪〈町〉吉海宮窪

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android