コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島義昌 おおしま よしまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島義昌 おおしま-よしまさ

1850-1926 明治-大正時代の軍人。
嘉永(かえい)3年8月15日生まれ。西南戦争従軍日清(にっしん)戦争の際は平壌攻略で戦功をたて,日露戦争では第三師団長として参加した。戦後関東都督,軍事参議官となる。陸軍大将。大正15年4月10日死去。77歳。長門(ながと)(山口県)出身。青年学舎卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大島義昌

没年:大正15.4.10(1926)
生年嘉永3.8.15(1850.9.20)
明治期の陸軍軍人。長州(萩)藩士大島慶三郎の長男。藩校明倫館に学ぶ。明治3(1870)年大阪青年学校(のちの士官学校)に入学。西南戦争(1877)では歩兵第8連隊大隊長として転戦した。その後陸軍士官学校次長などを経て,24年歩兵第9旅団長となり,27年6月朝鮮の甲午農民戦争(東学党の乱)には混成第9旅団長として出征。仁川上陸後,清国陸軍との緒戦成歓の戦いで勝利を収め,平壌陸戦でも活躍した。31年には第3師団長となり日露戦争に出征,終結後の38年10月大将,関東総督(39年から関東都督)を45年まで務め満州(中国東北部)経営に当たった。44年からは軍事参議官。

(田浦雅徳)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大島義昌の関連キーワード大正時代没年

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android