大拙祖能(読み)だいせつ そのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大拙祖能 だいせつ-そのう

1313-1377 鎌倉-南北朝時代の僧。
正和(しょうわ)2年3月3日生まれ。臨済(りんざい)宗。大川道通(だいせん-どうつう),東明慧日(とうみょう-えにち),夢窓疎石(むそう-そせき)らに師事。康永2=興国4年元(げん)(中国)にわたって千巌元長の法をつぐ。帰国後は肥後(熊本県)永徳寺,鎌倉円覚寺,建長寺などの住持をつとめた。永和3=天授3年8月20日死去。65歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。諡号(しごう)は広円明鑑禅師。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大拙祖能

没年:永和3/天授3.8.20(1377.9.23)
生年:正和2.3.3(1313.3.30)
南北朝期の臨済宗幻住派の僧。鎌倉(神奈川県)の人,姓は藤原氏。14歳で大川道通について得度,叡山で受戒し,のち双峰宗源,大川,東明慧日,夢窓疎石らに参禅した。康永2(1343)年入元し,東陽徳輝,千巌元長などに参じ,千巌の会下で大悟し印可された。延文3(1358)年帰国して肥後(熊本県)永徳寺,筑前(福岡県)顕孝寺,豊後(大分県)万寿寺,上野(群馬県)吉祥寺に歴住し,また上野宝林寺を開創した。足利義満,後円融天皇などの帰依を受けて,円覚寺,建長寺に住した。広円明鑑禅師と諡される。<参考文献>卍元師蛮『本朝高僧伝

(中尾良信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

大拙祖能 (だいせつそのう)

生年月日:1313年3月3日
南北朝時代の臨済宗幻住派の僧
1377年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android